車のある生活

好きな車とともに過ごす、大切な時間・・・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
パリ珍道中
 パリにはクリスマスの1ヶ月と少し前に滞在となってしまったため、クリスマスのイルミネーション本番はみることができませんでした。ただ、"ADVENT"に向けての準備や、屋台各店は準備を終えたところからオープンしており、今回も豪快なサンドイッチを堪能しました。

 イルミネーションを期待して、夜コンコルド広場へ繰り出してみたのですが、上述のようにイルミはお預けでした。しかし、広場では面白いモノが走り回ってました。





 おそらく、観光タクシーだと思います。コースを決めず、コンコルド広場から外へ出て行ったりしてましたので。これ、三輪車なんですね。派手なネオンでにぎやかに走り回っていました。


メトロでの案内板
 日本では、2002年の日韓W杯開催を契機に、街中に多言語での案内表示がされるようになりました。多言語と言っても、英語、中国語、韓国語ですが。
 羽田空港に乗入れている、京浜急行の社内では、車内の情報ディスプレイで、日本語、中国語、韓国語の3言語で沿線(浅草、銀座、川崎、横浜、横須賀・・・)観光案内を流したりしています。

 今回、パリで目についたのは、中国語の表記もさることながら、日本語の表記も増えてきたことです。ただ、どの標識や案内にも日本語が表記されているかと思うと、そうでもないところがフランスなんですね。



 写真は、メトロ1号線のFranklin D. Roosevelt駅のホームにある電子案内板です。

 いろいろな言語の最後に日本語で表示されます。画面上の日の丸をタッチすると、日本語でコンテンツ類が表示されます。




| fumio318 | 旅生活 | 19:28 | comments(0) | - | pookmark |
ウィーン珍道中 -食事-
実質滞在1日半という短い間でしたが、名物料理を堪能したので、紹介します。


朝食atホテル
 深夜のチェックインの際に朝食の場所を案内されたので、翌朝ホテル内のレストランに行って部屋番号を告げたら、あっさり通されちゃいました。

  朝食はバイキング方式です。パン類は沢山の種類があり、Wifeは狂喜乱舞してました。さすがに和食はなかったですが、昨年のワルシャワのシェラトンと遜 色なかったです。オムレツはその場でオーダーを受けてから作ってくれる気合いの入りよう。せっかくなので、自分とWifeの分をオーダー。それぞれトッピ ングを指定して席で待っていると、運んで来てくれました。これがまた、結構な味で、朝から満腹になって、満足満足です。




□昼食
 この日は、市街をぶらぶらしてからシェーンブルン宮殿に行く予定を立てていたのですが、あまりにも朝食をとりすぎた(オーバーかな?)ので、昼飯はザッハトルテに使用ということで訪問したのが、「ホテルザッハー」。

ザッハトルテ:「フランツ・ザッハー考案のチョコレートケーキ」
 外観は改修中とのことで、工事の囲いがしてありましたが、中は古い佇まいのままでした。 カフェですから、ケーキ以外の食事も可能ですが、ここはザッハトルテをオーダー。給仕の女性も観光客相手はお手の物みたいで、品物を届けると「写真撮る か?」と向こうから声をかけて来ました。若干拍子抜けの感もありましたが、せっかくなのでお願いして、2ポーズほど撮ってもらいました。(上手に撮れてましたね)




 このザッハトルテ、美味しかったです。甘かったり濃いのかと思いましたが、それほど極端ではなかったので、すんなり食べられました。


 昼飯がわりのザッハトルテを済ませた後、シェーンブルン宮殿に向かいました。


□夕食
  日が暮れる前に、シェーンブルン宮殿から市街地に戻ったのは良かったのですが、市街地で防寒具を物色しているうちに、財布を盗られてしまいました。ホテル に戻って鍵を出そうとしたら、リュックの口が全開で、財布だけが無くなっていたという・・・・。(パスポートは無事でした)

 日本に電話してカードの停止と再発行を大慌てで手配し、一段落した後近所の警察で被害届を届け出て、やっと夕食にありつきました。

 最初は、有名なお店でウィーン料理を堪能しようと思っていたのですが、気持ちがなえてしまい、有名店に入る気も起きず、近所にあった気軽(そうな)店に入りました。

 店外のメニューでウィーンの名物料理のコースがあるのはわかったので、この店に決めたんですけど、結構あたりでした。

フリッターテンズッペ:「クレープの細切りを入れたコンソメスープ」


ターフェルシュピッツ:「牛肉を長時間かけて煮込んだもの」「フランツ・ヨーゼフ祇い梁膵ナ」


ウィンナーシュニッツェル:「ウィーン風カツレツ」
  これが食べたかった!


アプフェルシュトレーデル:「アップルパイ」



 ちなみに、コースは1人分です。これを夫婦2人でシェアして食べてます。(2人分頼んでも食べきれないので)


□ウィナー ヴェルステル:「焼きソーセージ」
 早めに空港についたので、空港内のレストランで、最後の(!?)ウィーン名物である、ソーセージを堪能しました。



 周りの方々は、この1皿を一人で平らげてましたが、私たちには無理なので、ここもシェアです。

 ポテトもおいしくて、ウィーン滞在をいい思い出とともに締めくくることができました。



| fumio318 | 旅生活 | 19:44 | comments(0) | - | pookmark |
ウィーンへの道のり
すっかり、年を跨いでしまいましたが、11月にウィーンとパリを回って来ましたので、それについてアップします。

□チケットにまつわる話
 JAL系を利用してウィーンに行くためには、いったんパリ(あるいはロンドンなど)を経由する必要があります。今回パリまでは特典航空券を使用するため、パリ−ウィーン間のチケットは別途準備しました。(エールフランスで統一)
 ただ、別々の旅程としてチケットを確保してしまったため、荷物がきちんと届くのかわからなかったので、エールフランスのコールセンターに電話したところ、「一回パリで荷物をピックアップして、再チェックインすることになる」と案内されました。
 「えぇ~?」と思い、JALのコールセンタに聞いてみたところ「成田で、ウィーンまでスルーで手配できると思います」との回答でした。
 最終的には、成田のチェックイン時に確認し、可能だとのことだったので、事なきを得ましたが、実際クレームタグを見るまではドキドキでした。

□機材
 今年も成田−パリはJL5053便だったのですが、昨年は就航したばかりのA380でした。今年もてっきりA380だと思っていたのですが、777-300でした。やっぱり時期的に乗客数が少なかったのかな?
 そういえばチケット確保後、しばらくしたら出発時刻の変更の案内があったので、その際に機材を割り当てなおしたのかもしれないです。特に問題があったわけではないですが、やっぱり新しい機体の方が気持ちもいいので、A380乗りたかったなぁ。
  便名を見てもわかるように、この機材及びクルーはエールフランスのもので運行されています。すなわちCAさんも半分くらいはフランスの方になります。食事 のサービスの際に通路側のwifeが先に答え、次に私が英語で"me too"と答えていたら、、三回目にきた時に「フランス語ではこう言うんだ」とフランス語を教えてくれました(もう忘れちゃったけど・・・)。せっかく教 えてもらったので、次の機会にそれで答えたらニッコリ笑ってましたね。


□トランジット
 パリでの到着はターミナル2Eです。荷物はチェックインの際ウィーンまでのスルーでお願いしていたので、ピックアップすることは無かったのですが、ウィーン行きはターミナル2Dからとのこと。
 入管をすぎてからは、「→2D」の看板を頼りにひたすら歩きました。結局、ターミナル2Eでいったん外に出て、通路をぐるぐるまわってターミナル2Dへ。セキュリティコントロールを抜けてロビーへ。  



 ウィーン到着は22時過ぎになるので、現地の食事のチャンスは無いだろうと言うことで、パリで済ませることに。パリ到着2時間くらい前に出た昼食を完食し ていたので、それほど空腹感は無かったのですが、一人ずつサンドイッチを食べることに。ちょっと冷たかったけど、美味しかった。



 食事後、何気にモニターを見たら「遅延」の文字。40分ほど遅れるとのこと。人のごった返すロビーで満腹と疲れからくる睡魔と闘いながら搭乗時刻をまちました・・・
 ウィーン到着が遅くなる便でしたが、機内は満員でした。機中では、暖かいサンドィッチがサービスされ、まわりの人は赤ワインなんか呑みながら、食べていました。私たちは、初めて行くウィーンへの緊張から、ワインと言う気にはなれず、コーヒー飲んでましたが・・・・
 ウィーンではサテライトに着かず、バスでの移動になりました。私は経験があったのですが、Wifeは経験がなく、深夜にも関わらずテンションUP!人の手からカメラを奪って撮ったのが、この一枚。 



□タクシー
 ウィーンでは、無事に荷物も出てきたので、緊張しながらタクシー乗り場へ。23時近くでしたがそれなりに台数もいて、すぐに乗り込むことが出来ました。メルセデスのEクラスでしたが、スーツケース2個がうまく入らなくてトランクがなかなか閉まらなかった・・・・。
  市内に向かう高速道路に入ったとたん、ドライバーさんはスピードをどんどん上げていく。確かめると、信じられないことに、このドライバーはベルトしてな かった・・・・。後席で思わずベルトに手を伸ばしましたが、良く分からず・・・・(汗)。
 
 結局最高では150km/h位は出てたかな(それでも抜いていく車はいましたけど)。

 スピード上げ下げしながら走っていましたが、市街が近づいた途端、80km/h位で走るようになり、一安心。(帰路も市街を出た途端、150km/h位は出していたので、これが普通なんだと納得) 区間により、厳格に最高速度が決められているようで、それを順守していたようです。








| fumio318 | 旅生活 | 19:57 | comments(0) | - | pookmark |
リフレッシュ〜!?
今年は一念発起し、同僚に無理をお願いして、2週間のリフレッシュ休暇取得を敢行しました!

2週間の自由時間ですから、行ったことないトコに行こう!ということで、ウィーン〜パリと2都市をゆっくり訪問して来ました。

ウィーンには興味があり、楽しみな街でしたが、まさかのトラブルに巻き込まれ・・・・、
テンションが下がりっぱなしでの滞在となってしまいました・・・・。

で、気を取り直してパリへ。

いまさら観光という訳でもないので、のんびりと(しかし、人感センサは最大感度!?でしたが)街中をぶらぶらしてました。
そんなとき、出会ったのがこの標識達。



昔は、こういった気の利いた(!?)のがもうちょっとあったと思うのですが、このごろは流行の"ロゴ?"のペイントが多くて寂しい思いをしてました。
#もしかすると、あんまりのんびりしすぎて、気がつかないだけかもしれませんが

目抜きの大通りの標識がこんなんだと、ちょっと問題かもしれませんが、車1台が通れるような小道であれば、楽しい標識があってもいいのではないでしょうか・・・。










| fumio318 | 旅生活 | 17:26 | comments(0) | - | pookmark |
懐かしい物を・・・・
今年初めての海外出張で、南米へ行って来ました。

南米までの行程だと、直接ルートを往復するより、世界一周チケットで回った方が安価に済みます。
ということで、帰路は欧州経由で帰国となります。
途中パリでの1泊をはさみました。
(世界一周チケットの条件(今回)は、2大陸以上で24時間以上の滞在、となります。ということは南米以外の大陸で1泊する必要があります)


マドリッドのサテライト


マドリッド→パリ(オルリー)のフライト

パリ滞在はちょうど土曜日夜〜日曜日となってしまったため、帰国便まではゆっくりとパリ市内(日曜日の!)を回ることができました。

シャンゼリゼのトヨタに立ち寄ってみると・・・・

えらく、奇抜な(!?)車が展示されていました。


この車(?)、数年前に発表された(発表時のことは覚えていないのですが・・・)
トヨタ・MTRCMotor Triathlon Race Carモーター・トライアスロン・レースカー)」だそうです。

調べてみると、2004年のジュネーブショーで発表されたようですね。
燃料電池だそうです。現在、トヨタはHV一筋ですから、ほんとにコンセプトだけで終わっちゃったのかな?
#HV用の設備投資をしちゃったので当面HVになる、ってどこかの本で見たような・・・・

7年前の造形ですが、いまでも十分通用しますね。(多分、当時よりは身近に感じるかもしれない)









あっ、ここはWifiのスポットにもなってるようですよ(表示は確認、接続は未確認)



| fumio318 | 旅生活 | 00:03 | comments(2) | - | pookmark |
街角あれこれ。
■コスチュームプレイ??




 どうやら、映画のポスターらしいです。この女性はフランスの有名な女優さんで、今回は娼婦の役らしいです。
 だからなのか、日本の女子高生みたいなコスチュームを着ていますが、女子高生の話ではないらしいです。

 着いて早々、このポスターにであったので、まずは挨拶代わりに。

 
■アップルストア 
 既にパリにはアップルストアは存在していたんですが、2号店ができてました。1号店はルーブルの地下にあるのですが、こちらはオペラ座(ガルニエ)のとなりです。ほぼパリの中心地といってもよいでしょう。


朝から大賑わい

 東京やアメリカのように金属の無機質な外観ではなく、古い建物のままの外観で、アップルのマークも控えめでした。
 店内の写真はこちらから見れますが、とても広くて開放的なのが印象的でした。
 
 なかは相当の人がiPadやiPodをいじくっていましたが、私を始め外国人(フランス人以外)が多いようです。(無料である程度母国の情報を入手出来ますからねw。わたしもiPad上でYahooの日本サイトを表示したままにしてしまいました・・・・・)












| fumio318 | 旅生活 | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
こんなところでFT-86 (夏休みはパリで)
 シャンゼリゼ通りをプラプラ散策。
 ここは各ブランドのショップやカフェなどが有名ですが、車の各メーカがショールームを展開している場所でもあります。たしかに世界各地から観光客が集まるので、各地で宣伝するより一カ所で宣伝する方法もある訳ですね。

 で、いつものようにトヨタのショールームを覗いてみると、なんと「FT-86」がメイン展示されてました。どうやら昨年のモーターショーに出店されていたもののようです(Rハンドルですし)。


メイン展示です

Rハンドルですぅ〜

 そういえば、9月の末からパリでモーターショーが開催されるんですね。(街中は全くそんなそぶりはなかったけどなぁ〜)




 パリ市内でも、BMWは頻繁に走っています。やはりサイズ的にE9x系が多くなりますが、X5やX6、F10といった大きめの車もがんがん走ってます。MINIも目立っていました。取り回しの良さとキビキビ走るところがジャストフィットなのではないでしょうか。

 FIAT 500も多かったです。旧型なんかはモロ、フランス映画に出て来そうな雰囲気でしたが、新型の500も街にぴったりの感じでしたね。(もしかするとレンタカーでも借りられたりして・・・・・)

 なんか小さくてキビキビ走る車が欲しいですねぇ〜


| fumio318 | 旅生活 | 03:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夏休みはパリで。 〜アクセス編A380〜
  先週は遅めの夏休みで、パリまで行ってました。

 今回はJALのマイレージ特典航空券をゲットできなかったので、エールフランスの格安航空券を手配。
 便を確定させてからいろいろと調べてみたら、今回の便は、あの大きな機体(A380)らしいと。


確かに大きいです!

 なんといっても2階建てですからね。500人以上が乗り込んで、一気にヨーロッパまで飛んで行ってしまうんですから。

 成田は第1ターミナルです。どうやらA380専用のサテライトらしいですね。(でも、2階への直接ボーディングはできなかったのでは??)
 500人以上が乗り込むので、当然サテライトの中も人でいっぱい。乗り込むのにも時間がかかってしまいます。
 大きくて新しい機体だぁ、なんてはしゃいでましたが、乗り込む時点でちょっとストレスが・・・・

 乗り込んでしまえば、普通のエアバスです。1階席は3−4−3です。天井が高く、ラゲッジも大きいのは気に入りました。(ストレス、若干解消)


機内の様子。

 かなり余裕があるので、他の空いてる場所を探して右往左往、なんてことは起こらないでしょうね。

 照明は恐らくLEDだと思うのですが、いろいろな色に変化してムードを盛り上げてくれます。

 エンジンが4基なので、離陸時の加速は強烈です。離陸時のカメラは尾翼先端からの眺めなので、主翼の動きや機体の向きなどがよくわかりました。

 水平飛行に入ってしまえば、結構静かでしたね。去年のフライトより疲れがなかった感じです。興味本位で1→2階を行ったり来たり。(ストレスなしまで回復w)


機体後部の階段です。夜中に撮ったから、当然暗い。

 着陸は大仕事みたいです。着地してからのブレーキング(制動感)は1ヘア前に匹敵します(笑)。CDGではそれほど感じませんでしたが、NRTでは滑走路をぎりぎりまで使った感じでしたね。

 降機がまた一仕事です。ボーディングブリッジの接続に時間がかかるのか、ドアがあくまでかなり時間がかかりましたね。(ストレス復活・・・)


CDGもおニューのターミナル。こちらもA380対応でしょうね。

 また、ラゲッジのターンテーブルが普通の機体分しか動いていないので、普通の1.5倍以上の人たちがターンテーブルにかじりついているわけですね。個数も多いからなかなか出てこないし・・・・(かなりストレス・・・)

 飛行している間はいいのですが、前後のインフラも含めて対応が必要だと思いました。ラゲッジは預けないで手荷物にすれば、ピックアップのストレスからは解放されるかな・・・・





| fumio318 | 旅生活 | 01:57 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
がんばれ日本航空!!(JALの苦衷を見た・・・)
○1年ぶりの海外旅行
 毎年、秋から冬のどこかで海外旅行に出かけるのを楽しみにしています(このために一生懸命働いているようなもんかも)。一昨年にもましての不況の嵐が吹き荒れた昨年ですが、一層の努力(!?)により無事行くことができました。
 海外に行きたい方は同じような努力(!?)をされているのか、この年末年始の海外旅行者は、それほど減っていないらしいです。
 でも、成田空港では出国審査の時間待ちも短かったし、サテライト内の様子を観ても、やっぱり人は少なかった気がします。(もしかすると、まだ会社が休みに入る前だったからかもしれません)




○想像以上だったコスト削減意識
 結構長いことJALのマイラーをやっているので、日本航空がどうなってしまうのかには大きな興味があります。
 当然、今回もJALを利用したんですが、現場は現場でがんばっているようです。
 新聞のサービス廃止やビン類の軽量化(ペットボトル化)などは聞いていましたが、ドリンクや食事のサービスの内容や回数も効率化するなど、想像以上にコストの削減意識が浸透しているように感じました。
 コスト削減を追及するあまりに顧客サービスに影響が出ると、却って傷口を広げてしまうケースがあると思うのですが、それを少しでも防止しようとする営みも見えました。
 
 最終的にどうなるか、もう少しで結論は出るようですが、何とかがんばって残ってもらいたいなと思ってます。
| fumio318 | 旅生活 | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
信じられない事件ですね
 完全なる密室である、海外航路の飛行機内での盗難事件 毎日新聞記事:「窃盗:深夜の成田−パリ便で 日本人も被害 数千ユーロ

就寝中のビジネスクラスのお客さん(複数)の手荷物から高額のユーロ現金が盗難された、ということです。当然、着陸後に全乗員へのチェックはあったようですが、結局犯人は不明ですって。

数千ユーロだと、それなりのボリュームにはなるでしょうから、手荷物を引っ掻き回せば見つかりそうですけどね。しかし、数人あるいは十数人だったら、所持金といっても通用するかな!?

被害女性のコメントが光ってます!!ナイスです!!
これを読むと、盗られてもそれほど落ち込んでないんだな、って。
| fumio318 | 旅生活 | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
BMW BLOG RING
[前へ]  [次へ]
BMW BLOG RING  [ランダム] 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ Amazonのおすすめ
+ Amazonのおすすめ

/TG-Affiliate Banner Space -->

+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ TSUTAYA-Online
TSUTAYA online
+ Blog Parts Garden Sports@niftyプロ野球速報
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE